コンテスト

【結果速報】ミスターオリンピア 2019 メンズフィジーク

ミスターオリンピア2019メンズフィジーク結果速報

この記事は、世界最高峰のボディービル大会であるラベガスで開催されたミスターオリンピア2019メンズフィジークの結果を速報しています。

この記事では
  1. オリンピアの簡単な振り返り
  2. 2019年のメンズフィジーク参加者紹介
  3. 2019年の結果のご紹介
筆者
筆者
やはりIFBBプロの選手は大きかったね
スーパー鹿マン
スーパー鹿マン
かっこよかった!
筆者
筆者
では早速目次から見ていこうか

オリンピアについて、プレジャッジの様子(動画)、参加選手の紹介、そして本大会の結果をご紹介させていただきます。

Contents

オリンピアってなにをする大会なの?

ミスター・オリンピア(Mr. Olympia)は、世界で一番大きなボディービルとフィジークの団体であるIFBB(アイエフビービー)によって毎年開催される
国際的な美しい(筋肉美)を競う大会のことです。日本にもJBBFやNPCJなどのボディービル団体がありますが、世界中のボディービルだの憧れでプロ・フィットネス・やボディビル界の最高峰とされています。

アメリカの簡単な理解アメリカの簡単な理解

今ではニューヨークではなく、真反対側の西海岸に近いネバダ州(ラスベガス)で開催されているわけですね。

今は毎年ラスベガスで開催されていますが、最初の大会はニューヨーク州ののブルックリンで開催れたことが発端です。ブルックリン音楽アカデミーにて1965年9月18日に開催されたそうです。

創始者は、今の大会の名前にもなっているジョー・ウィダーさん

右側がミスターオリンピア創始者のジョー・ウィダー氏右側がミスターオリンピア創始者のジョー・ウィダー氏。生きる伝説と呼ばれています。

プリジャッジ(予審査)の様子

これだけでも鳥肌が立つほどみんな美しい筋肉ですね。これがプロの世界かと毎回驚きます。

ウィニングセレモニーの様子

素晴らしいですね。間違いない結果だったと思います。私が見た中でもTOP3は最高の体だったです。

【結果速報】オリンピア2019 / メンズフィジーク結果

  1. レイモント・エドモンズ / Raymont Edmonds
  2. アンドレ・ファーガソン / Andre Ferguson
  3. キロン・ホールデン / Kyron Holden
  4. ブランドン・ヘンドリクソン / Brandon Hendrickson
  5. ライアン・テリー / Ryan Terry
スーパー鹿マン
スーパー鹿マン
なにが起きたんだ!
筆者
筆者
昨年優勝したブランドン選手が4位は驚いた!
スーパー鹿マン
スーパー鹿マン
一人ひとりの体が見たい!

1位 レイモント・エドモンズ
Raymont Edmonds

昨年2018年の大会において2位を獲得していたレイモント選手、本当におめでとうございます

スーパー鹿マン
スーパー鹿マン
美しいの一言だな
筆者
筆者
そうだね。下半身と肩幅のギャップが素晴らしいね。オリンピア2019メンズフィジークの結果に正にふさわしい選手だね

2位 アンドレ・ファーガソン
Andre Ferguson

スーパー鹿マン
スーパー鹿マン
腹筋の隆起がすごい
筆者
筆者
そうだね。腹筋はオリンピア2019の中で1番好みだったな。

3位 キロン・ホールデン
Kyron Holden

スーパー鹿マン
スーパー鹿マン
バランスがとってもいいね
筆者
筆者
私もそう思った。さすが2019年でオリンピア3度目の出場で美しい仕上がりだね。

4位 ブランドン・ヘンドリクソン
Brandon Hendrickson

スーパー鹿マン
スーパー鹿マン
正直彼が3位になっても驚かないね
筆者
筆者
そうだね。さすがオリンピア2018年の王者だね。

5位 ライアン・テリー
Ryan Terry

View this post on Instagram

Hey guys, so that’s a wrap for prejudging at the 2019 @mrolympiallc. I was fortunate enough to make the finals tonight but I will be honest and say tonight’s results won’t be what we came here for. That being said I’m immensely proud of myself and my team for battling through this prep and making it this year. It’s been a roller coaster of a year and I’m very grateful to everyone for there support including sponsors who have made this trip possible. I will of course still go out there tonight and give it my all and enjoy every minute of being back up on the most prestigious bodybuilding stage in the world 💪🏼 thanks again guys for the support, the crowd were incredible as always this year 😊

A post shared by Ryan Terry (@ryanjterry) on

スーパー鹿マン
スーパー鹿マン
ケニーが1番すきな選手だよな
筆者
筆者
イギリス出身のテリーはジムシャークの宣伝のときにめっちゃかっこよくて好きになったんだ。やっぱり今回も格好良かった

【参加者】オリンピア2019 / メンズフィジーク

下記のリストは、海外のブログのフィットネス・ヴォルトを参考にさせていただいております。

デーン・バラビス(アメリカ)/
Dean Balabis

デーン・バラビス選手のYoutubeチャンネル

ヤッサー・フェルナンド・チャラ・ブランドン(コロンビア)/
Yasser Fernando Chala Blandon

チャラ・ブランドン選手のYoutubeチャンネル

ジョージ・ブラウン(アメリカ)/
George Brown

ブワン・チャウハン(カナダ)/
Bhuwan Chauhan

ジュリアン・コリー(カナダ)/
Julian Colley

カルロス・デオリヴェイラ(ブラジル)/
Carlos DeOliveira

レイモント・エドモンズ(アメリカ)/
Raymont Edmonds

アンドレ・ファーガソン(アメリカ)/
Andre Ferguson

ザヴィサス・ガイデン(アメリカ)/
Xavisus Gayden

アンソニー・ギルケス(アメリカ)/
Anthony Gilkes

キロン・ホールデン(アメリカ)/
Kyron Holden

アハメド・アブドゥル・ジャリル(エジプト)/
Ahmed Abdul Jalil

オンドレ・クモスタック(チェコ共和国)/
Ondrej Kmostak

ジョセフ・リー(アメリカ)/
Joseph Lee

コリー・モーリス(アメリカ)/
Corey Morris

カール・プレセンデュ(アメリカ)/
Carl Presendieu

ラムセス・ラムス(スペイン)/
Ramses Rams

アラヤ・サファイエ(アメリカ)/
Arya Saffaie

アキーム・スコット(アメリカ)/
Akeem Scott

スルクァ・シャバズ(アメリカ)/
Suruqah Shabazz

ライアン・テリー(イギリス)/
Ryan Terry

キマニ・ヴィクター(カナダ)/
Kimani Victor

アンソニー・ウッズ(アメリカ)/
Anthony Woods

ブランドン・ヘンドリクソン(アメリカ)/
Brandon Hendrickson

ブランドン・ヘンドリクソンは2018年度の優勝者です。

歴代の優勝者

下記が歴代オリンピアの優勝者たちです。

2018 Brandon Hendrickson
2017 Jeremy Buendia
2016 Jeremy Buendia
2015 Jeremy Buendia
2014 Jeremy Buendia
2013 Mark Anthony Wingson
ABOUT ME
ケニー
ケニー
記事読んでくださりありがとうございます。ケニーと申します。4年間のインド海外出張で+20kg増加し2017年12月よりボディーメイクを開始。 パーソナルトレーナーに学びながらなんとか減量に成功して、皆様にも正しい知識を届けられればとこのサイトを制作。 今はWebデザイナーをしながら、麻布十番を中心としたプライベートジムのIT担当としてWebサイトの管理や広告の制作をしています。南青山のRexerに通いなんがらIFBBプロの竹本直人選手やボディービルで有名なポパイ関根さんに指導を受けながら、トレーニングに励んでいます。
関連記事